不動産開業時に気を付けるべきホームページの運用ポイント|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

不動産開業時に気を付けるべきホームページの運用ポイント

不動産会社を開業する際に、ホームページは極めて重要な役割を果たします。
インターネットの普及により、お客様は様々な情報をネット上で収集し、サービスや会社の特徴を比較します。
そのため、ホームページは不動産会社の顔・WEB上の店舗とも言える存在、信頼性やプロフェッショナリズムを示す重要なツールとなっています。
以下では、不動産会社がホームページを開設する際に必要なポイントを詳しく解説します。
 

1.情報の充実性と正確性


ホームページには、不動産会社の基本情報(会社概要、所在地、連絡先など)だけでなく、取り扱っている物件の詳細情報も掲載することが必要です。
物件の写真や動画、間取り図などをより魅力的に物件を提示しましょう。また、物件の価格や条件、周辺環境など、情報は正確で最新のものであることが重要です。
開業したばかりの会社が競合他社に勝つためには正確な情報を当たり前のようにしっかり発信することからです。
RHSはホームページやポータルサイト、その他媒体と物件情報を連動(コンバートシステム)させることもできます。
コンバート機能について詳しくはこちら
 

2.使いやすいデザインとナビゲーション


ホームページのデザインは使いやすいものであるべきです。
お客様が求めている情報へ簡単にたどり着けるようナビゲーションが簡潔で直感的であるようにします。
スマートフォン対応も大切です。現状のアクセスは大半がスマホからとなっておりますので、スマホ対応されていないサイトはすでに時代遅れとなってしまいます。
ホームページデザインも3~5年ほどで流行りが入れ替わっていきます。定期的なリニューアルを行いお客様が見やすく、ストレスのないサイト運営を目指していきましょう。
もちろん、ナビゲーションや見やすさを重視しすぎて、御社が本当に強みとしているコンテンツが見られない構成になってしまっていると、それはそれで問題です。
よくあるテンプレート型のトップページデザインで御社を表現できていますか?
開業したての会社のホームページがテンプレートデザインで他社と代り映えがなければ埋もれてしまいます。

当社では御社の強みや好みをしっかりヒアリングしたうえでオリジナルデザインにて制作いたします。
売買ホームページ制作実績はこちら
賃貸ホームページ制作実績はこちら
売却ホームページ制作実績はこちら
 

3.SEO対策


検索エンジン最適化(SEO)は、ホームページの可視性を高めるために重要です。
適切なキーワードの選定やメタタグの最適化、コンテンツの質の向上など、検索エンジンによるランキング向上を図りましょう。
特に不動産会社のホームページであれば地域名や物件の種類など、特定のキーワードに焦点を当てたSEO戦略を立てることが有効です。
さらにホームページの更新も重要な要素となってきます。開業のタイミングからコツコツとページの更新を行っていくことで、即時性はなくてもSEOの強いサイトになっていきます。
しっかりアクセスを集められるようなホームページへ成長させていきましょう。
 

4.ブログやコラムの充実


ホームページにブログやコラムを設けることで、不動産市場やトレンドに関する情報の発信、また会社やスタッフの雰囲気を伝えることができます。
不動産市場やトレンドの情報発信は上記でも記載したSEO対策にもつながります。
会社・スタッフの雰囲気を発信することもできます。お客様はどんなスタッフが営業してくれるのか気になるポイントです。
 

5.お客様の声や評価の公開


開業のタイミングではお客様の声や販売実績はありません。なのでいきなり公開するのではなくしっかり集めていくことが大切です。
お客様の声ページは物件ページやスタッフ紹介ページと同様に人気のページなのでホームページで更新できるようにしていきましょう。

以上のポイントを踏まえて、不動産会社が開業する際には、ホームページの設計と運営に十分な注意を払うことが重要です。
ホームページは不動産会社のお客様獲得とブランド構築の重要な要素であり、適切に活用することで競争力を高めることができます。

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト