不動産繁忙期の戦略強化|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

不動産繁忙期の戦略強化

今年も残すは後わずかです。

いよいよ待ちに待った繁忙期突入ですね。

皆さん繁忙期の戦略はすでに準備は出来ていますか?

繁忙期はどこの会社も勝負をかけてきます、例えば一般的に
広告費は売上の10%以内が良いと言われていますが、
実際に集客を上げている会社では15%から20%くらいを
広告費に考えている会社も多いようです。

反響数の絶対数を上げその分契約数を上げ収益に繋げると
いうような考えも時には必要なのかもしれません。

ポータルサイトの掲載戦略

極論かもしれませんが、
御社の商圏地域でポータルサイトの掲載数を一番多くすればライバル会社に勝てるかもしれません。

しかし反響に繋がらない物件をいくら掲載しても費用対効果は上がりません。
何が言いたいかというと、反響のなる物件を仕入れる事が重要という事です。

御社の自社物件や専任物件を多く持っていれば良いですが、
仲介物件でも例えば駅徒歩10分以内の物件数と情報量だけは他社には負けないとか、
新築物件を仕入れる速さには絶対的に自信があるなど御社の強みやこだわりを持ちましょう。

どの不動産会社でも扱っている仲介物件を同じように掲載していても、
御社にお客様が興味を持ってもらえる可能性は低いですよね?

本当に意味のある物件を掲載しているか、
ポータルサイトの広告費も精査出来るのではないでしょうか。

即効性のあるリスティング広告

繁忙期に自社HPにアクセスを集める一番即効性のある対策としてリスティング広告があります。
自社HPにお客様が来てくれれば反響を鳴らす準備が出来ている会社は活用する価値はあるでしょう。

ある複数店舗のグループ会社では、広い商圏で各店舗ごとにリスティング広告を出しています。

店舗ごとに商圏の駅名やエリア名に対して広告を出しますので、
商圏内のほとんどの地域キーワードで検索した際にそのグループの会社の各店舗の広告が表示されます。

それも一つの地域に対して複数店舗分の広告が表示されますので、
グループ会社として商圏のアクセス数を確保するだけでなく、
その商圏エリアで強いという会社のブランド力も上げる効果もあります。

来店するお客様を迎える準備も出来ていますか?

戦略を立て反響を獲得する準備が出来ている会社の方々、
これから来店するお客様を迎える準備も出来ていますか?

私自身多くの不動産会社を訪問する中で、
接客する準備が出来ているとは思えない店舗が多すぎる気がします。

紙の資料が机の上に溢れていませんか?
営業マンはお客様に笑顔で挨拶出来ていますか?

年季が入っているのと、汚れているのは違います。
誰でもキレイなお店の方が良いと思うはずです。

サービス業としてキレイな店舗でお客様を迎える準備をしましょう。

① 反響のなる物件を仕入れる
② リスティングを活用する
③ 店舗はキレイですか?

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト