空室率を下げる繁忙期対策|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

空室率を下げる繁忙期対策

繁忙期には卒業や転勤を機に入居希望者が増えると同時に、
管理会社としては退去者が多く空室が増える時期でもあります。

供給件数の多い時期ですから、入居希望者に貴社掲載物件を早く見つけてもらい、
物件の魅力をいかに伝えるかが契約に大きく関わります。

他者との差別化、物件の見栄えを良くして繁忙期に望みましょう。

繁忙期には卒業や転勤を機に新生活する人に合わせて物件を整備する!


最近では、大学生向けの合格前予約なども増えてきていますが、多くの入居希望者は
合格発表から1、2ヶ月以内に部屋を決めないといけない方が多い傾向があります。

入居希望者も部屋を決める事をとても急いでいますので、
後押しをしてあげるようなキャンペーンは積極的に取り入れた方が良いでしょう。

特に管理会社では家具・家電付きの物件やフリーレント、
初期費用がお得な物件など学生の親御さんにも喜ばれる物件は特にこの時期有効です。

自社HPでこのような物件特集を組みトップページでも目立つように設置し、
LPOを強化することでニッチなキーワードの直接流入も狙いましょう
 

新生活に合わせて増える新築物件を活かす。


誰でも自分の家賃条件の中でより良い設備の物件を希望します。

同じエリアで家賃が変わらなければ新築に住みたいと多くの人が思うはずです。

物件が完成しているのにいつまでも建築中のブルーシートがかかっている外観写真を
掲載している会社をよく見かけますが、新築物件が完成した際はすぐに完成した外観を載せ、
どこよりも多く写真を掲載すればそれだけ反響に結び付きやすくなるでしょう。

築年数の経っている物件でも、設備写真をしっかりと枚数多くを撮る事で物件の魅力が
伝わり易くなります。

特に繁忙期には、入居希望者も急いで物件を探していますので、
物件の良し悪しを判断するスピードも速いです。

その中でいかに御社の物件を目立たせる事が出来るかが重要になりますので、
物件のポイントになり得る設備写真は必ず多めに写真を撮っておきましょう。

インターネットが普及し、お客様はネット上で物件情報を収集しやすくなり来店するまでに

物件の選別が絞られています。

空室率を下げるという点からみても、管理会社の強みである物件の詳しさを表現して、

自社HP内のお得なキャンペーンで後押しする事で
自社管理物件の空室率を下げる事に繋がります。

広告媒体からWEB店舗にお客様を誘導して直接来店に繋げる導線を強化しましょう。

① 契約を後押しするとくオリジナル特集
② 設備写真を増やし物件の魅力を高める

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト