繁忙期のトップページ物件特集戦略|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

繁忙期のトップページ物件特集戦略

トップページはWEB上の店頭です。
店頭に貼られた物件に興味がなければさらにこの店舗で物件を探そうという考えにならないでしょう。
お客様が興味を持つ物件をしっかりトップページに配置しましょう。

繁忙期前に自社ホームページのトップページ物件を見直してみませんか?

写真の見栄えがきれいな物件

パッと見の見栄えは非常に大事です。
写真がきれいではない物件画像が4つや8つ掲載されているトップページで、
さらに物件を探してみようという行動には心理的につながりません。

完成されてない物件外観等も見栄えはしません。
同じ物件が並んでいても興味がそそられません。

サイト運用をしながらトップページを"デザインする"イメージで物件選択をしましょう。
 

アクセス解析を確認する

アクセス解析を確認して、どういった物件がホームページ上で人気なのかを確認しましょう。
間取りや価格帯、条件等。ユーザーの傾向に合わせたホームページ運用が大切です。

例えば昨年の繁忙期データを確認してみてください。
同じ時期であればそこから大きく変化するということはあまりないので、昨年のアクセスデータをヒントにしながら物件選択や特集を組んでみると良いでしょう。

繁忙期中もアクセスチェックは重要です。
トップページに表示させているのにアクセスが少ない物件はニーズに合っていません。
逆にトップ表示させていないのにアクセスが集中している物件があれば、それをトップページに表示させるべきです。
物件選択や特集設定のヒントにアクセス解析を使ってみてください。

RHSのアクセス解析について
 

特集タイトルをこだわる

上記でも少し触れましたが、トップページに表示させる特集名も大事です。
「おすすめ物件!」よりも「当社スタッフがおすすめする駅近物件特集!」のように、
どういった特集なのかを明記することが大事です。
もちろん、エリアによって駅近よりもカースペース2台の方が需要が高かったりするので、
対応しているお客様の傾向に合わせて特集を組むことが大切です。

またキャンペーンやお得な内容でお客様の興味をひくことも戦略の一つです。
期間限定キャンペーン・プライスダウン・仲介手数料半額等…
独自のオリジナルキャンペーンを考えてみるのはいかがでしょうか?
 

まとめ

トップページに掲載する物件を入力スタッフさんに任せていませんか?
上記にの通り、物件選択もweb戦略です。
経営的な目線で判断出来る責任者の方がWeb店舗の来店状況を見て、
どの物件をどのような順番で店頭に並べるかをスタッフさんに指示をする事が必要です。
繁忙期に向けてトップページの運用を見直してみましょう。

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト