繁忙期に向けた自社不動産HPの強化|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

繁忙期に向けた自社不動産HPの強化

以前の講習で、自社HP単体で集客を考えるのではなく、
様々な媒体との相乗効果を高める事で、
契約という最終目標へ近づける一つの営業ツールとして
考えていく事の重要性を講習しました。

その上で、今回の講習では繁忙期に向けて本格的に
自社不動産HPを強化し準備をしていきましょう。

御社のHPは何年も同じトップページのままになっていませんか?


制作当初からHPで表現する強みが変わらない事は
少ないのではないでしょうか?

WEB集客を行なう上で非常に重要なのがアクセス解析で自社HPがどのような状態なのかを知ることです。

制作当初に考えていた戦略をアクセス解析で分析すると、
少なからず実際のお客様の動きとのギャップがあるはずです。

例えば、お客様から要望の多い駅を1位から3位まで検索してみて下さい。

1位は御社のメイン商圏ですから把握されていると思いますが、
2位3位の駅やエリアはいかがでしょうか?

その駅やエリアの物件数は十分掲載されていますか?
そして一番重要なのは、ファーストビュー(HPを開いた時に見える範囲)で
要望の多い条件に対して御社がそれに対して強いという事をトップページで表現する事です。

 

 

如何に商圏の沿線やエリアを抑えるかが重要!


その為には、トップページでどのエリアや駅に強いかを表現した上で、
簡単に物件が検索できる仕掛けを作りましょう。

イラストなどで簡単に分かり易く駅やエリアを表現し、
ワンクリックでそのエリアの物件を検索出来る事が大切です。

御社のトップページでは誰でも簡単にエリアや駅から検索が
出来る様になっていますか?

 

 

契約に結び付く人気のあるエリアを理解することがポイント!


契約に結び付く人気のあるエリアを理解しトップページで表現出来たら、同じようにどのような条件のお客様が多いかも把握し準備しましょう。

例えば単身者や学生、ファミリーではどこに重点を置いていますか?

実際に契約するお客様の家賃帯は?駅からの所要時間は?
どんな設備が必須条件として多いでしょうか?

このようなお客様の動向も全てアクセス解析からデータを取得出来ます。

このようなお客様から人気の高い条件を、
面白味を持たせた特集ボタンにしてトップページに設置していきましょう。

契約率を上げるツールとしてHPを活用していく為に、
まずは今年契約したお客様のデータを解析しましょう。

来店アンケートや反響データの見直しをして、
「今」の御社への需要を把握し理解する事、
そして繁忙期に向けて強化する事こそが「今」経営者の方が
準備する事ではないでしょうか?

 

① トップページで御社の強みを表現する。
② 沿線やエリアマップはありますか。
③ 契約確率の高い条件の特集を作る。

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト