契約率を上げるLPO強化の重要性|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

契約率を上げるLPO強化の重要性 

Web集客アップ講座、今回はWeb集客において大変重要視されている
LPO対策に関して講習していきます。皆様LPO対策は万全でしょうか?

まだまだ知らない方も導入してない会社様も多いようです。

すでに十分知識をもたれている方も今一度おさらいをしていただき、
今後のHP運営に役立てて頂きたいと思います。

LPO対策とは


LPO対策とは、「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化という事で、
検索エンジンから訪問するユーザーが最初に「着地するページ」を 戦略的に最適化(対策)する事です。

例えばハンバーガーのマクドナルドを「マクドナルド」で検索をすると、
「トップページ」が検索結果の一番上に表示されますが、
「ハッピーセット」や「マクドナルド ハッピーセット」で検索をすると、
「トップページ」ではなく「ハッピーセット」のコンテンツページが
一番上に表示されます。

ユーザーの検索する意図に合わせて着地させるページを専門のページに
誘導しコンバージョン(来店、購入)を高めているのです。

本来であれば「トップページ」から「ハッピーセット」の入口を探し、
バナーボタンなどをクリックしなければ「ハッピーセット」のページに辿り着けず、
中には入口が見つからず直帰してしまうユーザーもいるかもしれません。

LPOを最適化する事で、ユーザーの求めているものにマッチした情報を最短距離で
結びつける事ができ、コンバージョンの確率を高める事が出来る
のです。

不動産集客でのLPO対策とは


物件名で検索にヒットさせる事や、複合キーワードで物件一覧ページや物件詳細ページに着地させることが目的となってきます。
このような対策は、自社HPでの検索システムとしては当り前になっています。

何故なら、「地域名 不動産」など御社のメインキーワードが例え1位に表示されても
トップページだけでは十分なアクセス数には満たないでしょう。

また、複合キーワードのような細かいキーワードはトップページでは
囲いきれない為、サイト全体で囲い込んでいく必要があります。

ユーザーは思いもよらない検索キーワードで検索をします。
多様化・細分化されている検索キーワードをしっかり囲い込むためにも
トップページだけではないページでLPO対策を行いサイトへの流入となる入口を増やすことが大切です。

専門性の高い特集コンテンツを設置



興味関心(契約確率)の高いユーザーを直接専門ページに 着地させる事が今後より重要になってきます。

例えば〇〇大学ページを設置し、周辺環境や、契約した大学生の声など興味が
向上する情報と一緒に、大学生向けのオススメ物件も探せるような
コンテンツページがあれば○○大学で物件を探しているユーザーに
付加価値の高い情報を与え、契約率を高めるコンテンツとなるでしょう。

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト