ホームページのアクセス分析と行うべき対策で契約率の改善を図りましょう|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

ホームページのアクセス分析と行うべき対策で契約率の改善を図りましょう

契約率を上げるWeb集客アップ講座、ネット集客で一番の特徴とも言える事の一つに
アクセス解析があります。

アクセス解析とは、お客様の訪問の傾向を把握し、それに適したHP構成にする事や、
コンテンツごとに訪問履歴を解析する事により、
HP内のコンテンツの効果を把握し改善することに役立てる事です。

要は、HPに訪問したお客様の動向を全てデータとして蓄積し、
戦略に役立てる事が出来るのがネット集客の特徴なのです。

不動産に特化したアクセス分析と対策


弊社ではお客様の検索行動としてエリアや駅、家賃帯、価格帯、人気物件など、 より不動産に特化したアクセス解析を設置し、さらにそれぞれの条件の組み合わせから その不動産会社のHP上でお客様がどのように行動しているかを細かく分析をしています。
不動産に特化したアクセス解析について

その分析結果を元に、実際のトップページの特集やピックアップしている物件がマッチしているか、また特集のラインナップを条件に合わせて改善していく事をコンサルティングしています。
 

 

検索行動の上位にある条件に登録されている物件数が豊富にあるか


例えば、洋服を買いに行ったお店に自分のサイズの洋服が全くなかったらすぐに
帰ってしまいますよね。

仮に御社のHP上で3LDKが一番検索されているのに3LDKの物件が1件も物件なかったら
どうでしょう?

当り前ですが反響はならないですよね。

このようにユーザーのニーズを理解しないままホームページ運用を続けていても効果が最大限発揮できないことが多いです。
まずはユーザー分析からお客様が求めていることを理解しましょう。

 

 

検索キーワード分析とLPO対策


御社のHPに訪問するお客様がどんな検索キーワードで訪問される事が多いか
把握されていますか?

しっかりとLPO対策をしてれば検索キーワード数は1000件を超えてきます。

「こんなキーワードで検索されているの?」と皆さん意外と思われるような組合せの
キーワードでお客様は訪問されています。

コンバージョン(問合せ)に繋がっているのはどのような条件の組み合わせなのかを、
アクセス解析を追及していくと明確にする事が出来ます、紙媒体や看板広告などと違い
ネット集客の強みはお客様の検索行動を読み、戦略に繋げる事が出来る事なのです。

インターネット業界もAIの普及により目覚ましく成長しています。
検索するキーワードも多様化してきており、以前よりも「話し言葉での検索」をするするユーザーも増えております。
今後はサイト内のキーワードだけでなくこうした世間の傾向もいち早く察知し改善を行っていく必要があるのではないでしょうか。

 

まとめ

① ユーザー行動の分析が出来てますか
② 検索行動に合わせて物件を増やす
③ キーワード分析が出来てますか

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト