ホームページを上位表示させるためのSEO対策と最適化|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

ホームページを上位表示させるためのSEO対策と最適化

反響アップの為のWeb集客講座、今回はGoogleから検索エンジンに
読まれやすくする為の、HPの基本的な最適化とSEO対策についての情報をお教えします。
今回の記事を参考に御社のHPをチェックしてみて頂ければと思います。

「未来の顧客」に最適な検索結果を提供するのに役立つSEOの基本です。

会社名で御社のHPは一番に表示されていますでしょうか?


御社のサイト情報はどのように表示されていますか?

一般的にインターネットで検索をした際、検索結果に表示される少ない情報で
どのサイトを開くか判断します。

地域の不動産会社で検索した時、御社の事が分かりやすく、
そして何に強いのか明確に表示させる事により、より訪問するお客様の
質を高める事にも繋がるのです。

また、ページごとに適切な説明がされている方がより御社のHPを
クリックし訪問する確率も上がるでしょう。
 

 

検索エンジン対策が適切に行われているか


例えば、御社のHPでペット可物件の特集ボタンを設置しているとしましょう。

最近ではAI認識も進んでおり、画像からこの画像がどのような内容なのかをGooglのボットが判断できるようになってきております。

ただし、視力の悪い人や目の不自由な人に説明するときにどうしますか?

ブラウザにはテキストの読み上げ機能がありますが、その機能を使うためには
文字で「ペット可物件特集」と説明するテキストデータを記載する必要があります。
そうすることで検索エンジンも何の画像なのか認識しやすくなります。
こうしたお客様にも、検索エンジンにも優しく分かり易い作りにする事がSEOを考えるうえで重要なのです。

 

 

常に最新の状態にしておくことが何より重要です


そのお店が一か月以上も放置されているなんてありえない事ですよね。

最新情報やキャンペーン情報などお客様目線で考え、
お客様が欲しいと思う情報を発信しましょう。

常に最新の状態にしておくことが何より重要です。

いかがでしょうか?

検索エンジンのアルゴリズム(検索順位のルール)は流動的に変わります。

しかし、基本であるのはお客様にも検索エンジンにも分かり易い、常に更新され最新の情報を
発信しているサイトが優良に見られます。

折角キレイな見栄えのHPでもちゃんと読まれなければ勿体ないと思います。

不動産に特化したSEO・LPO対策はこちら

 

まとめ

 

① 検索結果を分かり易く伝えるタイトルのつけ方を意識する
② 画像などにもテキストデータを付随し検索エンジン対策を行う
③ いつも最新の情報に更新する

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト