不動産ホームページの契約率を上げるHPの活用法|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

不動産ホームページの契約率を上げるHPの活用法

契約率を上げるWEB戦略講座はHPの活用法という事で、
いかにHPを活用し契約率を上げていくかを議題にしたいと思います。

是非、経営者の方に参考にしていただきたいと思っております。

なぜなら弊社のクライアント様の中でもWeb集客に強い会社は経営者や店舗責任者の方がWeb戦略を考え、
HPをしっかり活用している会社様が圧倒的に多いからです。

会社の経営者がWeb集客を理解していないと、

いくら有能な社員が声を上げようと会社全体に浸透せず、
チャンスを逃しているばかりではなく将来性を狭めてしまっているかもしれません。

担当者がいくら頑張って動いても経営者に理解してもらえない。

そのような会社を実際に多く見てきました。
大事なことは会社としてWeb集客を真剣に考える事なのです。

各反響媒体を独立して考えない

最近よく話に聞くのはホームページからの反響を増やし契約率をあげていきたいという内容です。
ポータルサイトと同じ、もしくはそれ以上反響を鳴らしたいという事です。

ポータルサイトとHPをイコールで考えるのであれば同じくらい広告費をかけるべきです。
売買仲介の会社様などはリスティング広告に月間で数十~数百万かけています。

御社の商圏で全てのポータルサイトの掲載をどの会社よりも多くすれば
反響数で地域№1になれる可能性は高いでしょう。

広告費で勝負をかけるのであればそれが一番近道かもしれません。

ただし反響数をいくら増やしても契約をしなければ利益にならないのが仲介業ですから、
契約率を伸ばす上でも自社HPは重要になってきます。

ポータルサイトやその他の媒体など全てを独立して考えるのではなく、
全てがWeb集客の一つの要素として考え活用する事がWeb戦略の根本なのです。
 

会社の強みをHPで表現できていますか?

会社の【信頼度】や【強み】を表現する事が
ポータルサイトでは出来ない事で自社HPで表現出来る事の一つです。

お客様が分かりやすく探しやすいサイトであることは勿論ですが、
最終的に来店して契約をする際に安心して任せたいと思ってもらえるか、
表現の仕方次第で来店率も変わりますからイコール契約率も変わってくるでしょう。

御社の強みは何ですか?かなり高い確率で契約前にお客様は御社のHPに訪問してきます。

そこでお客様に他社と差別化して信頼度を与える事が出来なければ
契約を目の前に他社に流れてしまう事もあるでしょう。
 

他社と差別化するためにすべきweb戦略

契約率を上げるために一番重要なことはホームページに手間をかけることです。

物件入力は勿論、手間をかけて情報量を増やしてください。

物件画像を最大枚数入力する事、他社と差別化する為にパノラマ動画や内見動画を付加価値として加える事、
コンテンツページを毎月増やしお客様にプラスの情報を与える事など
会社様によってそれぞれこだわりを持ち、他社と差別化しようとしています。
インフォメーションやお客様の声等ブランドイメージをあげるためのコンテンツ更新も忘れずに行っていきましょう。

更新は必ず毎日する!や、とにかく写真はどこよりもキレイに多く撮る!など
他社にここだけは負けないというポイントをまずは一つ作ってはみてはいかがでしょう?
 

まとめ

Web集客とは待っているだけでは何も始まりません。

会社として戦略を考え、広告を上手く使いHPにお客様を誘導し、
信頼度でお客様を契約に近づける。

そのような流れがHPを中心に作られているか再度見直してみましょう。

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト