売上に直結する不動産HPの活用について|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

売上に直結する不動産HPの活用について

弊社が担当するクライアントでは反響数の多い会社は50件、100件と自社HPからメール反響があります。
相応数の電話反響と直接来店数があると考えれば自社HPを活用する事が売上に直結すると考えられます。

Web集客成功会社とそうでない会社の格差がどんどん開いています。

成功会社は基本的な写真の撮り方やコメントの打ち方など、商品力(物件情報)を高める運用を確実に続け、
Web店舗である自社HPへの顧客囲い込みを徹底的に実践しています。

お客様は契約までの間にWeb店舗(自社HP)へ必ず訪問します。

初回訪問時に御社の強み、実績、事業内容を伝え、商品力(物件情報量)の高い情報を店頭(トップページ)で戦略を持って展開し、ファン客(会員)にメルマガなどで再来店(リピート)を促す事で、御社への興味が信頼に変わり、契約に近づきます。

Webが便利になり様々なサイトや媒体が増え続ける事で、反響は必然的に分散します。
上記の顧客囲い込み戦略は現代の不動産Web集客では必要不可欠です。

この記事を購読して頂いた方は、Web活用に意欲の高い、または不安を感じている方達だと思います。
Web店舗の活用戦略パートナーとして、お気軽にご相談下さい(^^)

まず、Webの活用が御社の売上に直接関係する事を理解して下さい。

スマートフォンやタブレットが普及し、いつでもどこでもインターネットにアクセス出来るようになりました。
10年前と比べて集客がWebに大きく移行した事は実感している事でしょう。

ネット上に情報が溢れている現代で、全ての世代のインターネット情報収集力が上がっています。
お客様は不動産会社へ訪問するまでにネット上でほとんどの物件情報を知る事が出来る時代です。

物件を探し初めてから来店までの期間は長くなり、ネット上で情報収集が出来てるので来店から契約までの期間は短くなっています。

また、以前は複数の不動産会社を周って其々で物件を案内してもらっていましたが、上記のようにネット上で物件の情報取集も不動産会社の選定もある程度吟味したうえで訪問する不動産会社を選びます。そのため、不動産会社の訪問数が1社のみというお客様も増えています。

ポータル掲載法も含めWeb活用を中心に考えていないと、媒体からの反響数が減るだけでなく、来店数も減り、売上も減るという事が想像出来ませんか?

お客様は何を求めて様々なサイトを行き来すると思いますか?

初期段階では希望条件での物件検索、検討段階では候補物件の比較、最終段階では物件と会社の選定と3段階に大きく分けられます。

他の会社では扱っていない自社分譲や専任物件など独自物件が多い会社は、仲介だけの会社に比べて優位になります。ポータルサイトでもその会社しか扱っていない物件であれば、直接問合せや自社HPへの流入も増え、そこから他の物件で決まる事もあるでしょう。

仲介を主に事業を展開している会社では、どの会社でも掲載している物件の同じ情報を見せているだけではお客様の興味を引けません。物件の情報量と見せ方で差別化し、自社HPへの誘導を強め、どこよりも早く情報を発信する必要があります。

お客様によって検索方法や使う媒体は様々ですが、物件を探している時は「まだ見ていない、より詳しい情報」を求めています。

例えば、「同じ物件でも違う角度から撮影されたリビングやキッチンの写真」などがあるとお客様はサイトに留まります。

当り前ですが、物件の情報力(商品力)は何より重要です。独自性、商品数、情報量の濃さなど御社の商品(物件)の売りは何でしょう?

経営者の方はWeb店舗(自社HP)で他店に負けない商品(物件)展開をするように営業戦略を立てなければ実店舗の収益に繋がりません。
Web戦略にお悩みの経営者様、お気軽にご相談下さい。
 

① Web活用が売上に直結する
② 物件商品力を上げる

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

Works

Features

contents

consulting

About us

運営ポータルサイト