自社HPで利益を上げる経営者の考え方|不動産Web集客コラム|不動産ホームページ制作、不動産SEOは博士ドットコム

不動産ホームページの資料請求
works

不動産Web集客コラム

自社HPで利益を上げる経営者の考え方

現代では不動産に限らずネット集客が主流になっているのは皆さん理解している事と思います。
売上の起点となる集客の入り口がネットであれば、Web戦略=経営戦略と言えます。

実際に経営者がネット集客の戦略を考え、強化している会社とそうでない会社の差が顕著に表れています。

自社HPで成功している会社に共通している事

自社HPでコンスタントに反響を獲得し、契約に繋げている会社に共通している事は、
営業マンから事務の方まで会社全体で一貫してネット集客で利益を出そうとする考えが統一している事です。
そのような会社としての方向性を決める事は経営者にしか出来ない事ですから、
経営者の方が先頭に立ちネットを活用した集客の戦略を考える必要があります。

良く聞く悩みとして、店長や営業マンがネット集客に力を入れていきたいと考え、
行動していても「経営者に理解してもらえない」という声は非常に多いです。

実際にネット集客の相談やコンサルティングをする上で、
直接経営者の方とお話をしている会社はとにかく動きが早いです。
トップダウンで指示が会社全体に浸透し、すぐに行動できる事は何よりも強い武器だと感じます。

経営者の方は、システムに詳しい必要はありません。
しかし、会社のターゲットとなるお客様が、どのようにネット上で物件を探して
問合せに至るのかを把握する必要があります。

その上で、競合会社はどこに広告をかけて強化しているのかを見極め、
自社のWeb戦略を判断する必要があります。

自社HPにこだわり手間をかける

もう一つ成功している会社の特徴としては、自社HPに手間をかけてこだわっている事です。

こちらも非常に良く聞く話ですが、経営者がWeb戦略を強化したいと考えていても、
「物件入力やHPの更新に手間をかけられない」という店長や営業マンが多いのも事実です。
成功している会社では、全ての社員が進んで物件入力や情報の強化をしています。

そのような意識を統一するのは簡単ではないと思いますが、
ネット集客の上で情報量の多さはライバル会社に競り勝つ大きなポイントです。

「物件入力に手間がかけられない」というケースも、
その重要性を経営者が理解をしていないと、会社として動かす事は難しいと思います。

最近では社内に広告やマーケティングを専任で行う社員さんを配置する事も増えています。
専任で配置するのが難しくても、事務と兼任で業務に取り組んでもらうなど
少しづつWeb強化の社内体制を整える事も考えるべきでしょう。

また、意外に思うかもしれませんがHPの見た目も重要です。
皆さんも経験があると思いますが、
HPのキレイさで商品や店舗を選んだことがあると思います。

今の時代、HPの見栄えが悪いと選定から外れてしまいます。
誰でも「汚い」「古臭い」「ダサい」家を買いたい、借りたいとは思いませんよね。
不動産HPのデザインにこだわり、見栄えを良くする事もWeb集客のポイントなのです。

情報量の多さが反響に繋がる

不動産ポータルサイトでも、物件の情報量(画像枚数など)が少ないものより
情報量の多いものが優先的に表示されます。
ポータルサイトで反響数が落ちている会社は、情報量を多く掲載している会社に反響自体を優先的に
取られていると考えてください。


入力の手間としてコンバート(物件データ連動)をしている会社も多いと思います。
その際に気を付ける事は、コンバートをする元の物件情報量を多くする事です。

少ない情報の物件を多くのポータルサイトで掲載しても、
情報量の多い会社に淘汰されてしまうでしょう。

実際にポータルサイトで御社が掲載している物件が どのように表示されているか、
掲載料を払っている訳ですから経営者の方は当然確認をすべきではないでしょうか。

① 経営者がネット戦略を考えていますか
② 物件入力に手間をかける
③ 物件の連動は使いよう

新着コラム記事はこちら

New article
PC用のフローティングバナー
TOP

メニュー

不動産ホームページ制作実績

不動産クラウドRHS機能

Webコンサルティング

博士.com

運営ポータルサイト